東広島市 車検とは 土居モータース

画像
車検とは

title

車検を詳しく説明します。

 車検とは、公道を走行するために必要最低限の保安基準に適合しているかどうかを確認するものであります。車が機械として故障していないか又は故障の可能性がないかを検査するものではありません。万が一車検を受けた帰りにブレーキが効かなくなっても、それは車検に合格したこととは関係のない話です。この事は、自動車検査証の裏面 「自動車使用者の皆様へ」に記載されています。

車検の受検
○定期点検整備と検査を整備業者に任せる
○利用者自らが運輸支局等に車を持ち込んで車検を受ける(ユーザー車検)
○検査を業者に代行してもらう(車検代行)

整備業者に任せる場合
ディーラー(メーカー専門店)での車検: 定期点検と検査がセットされている。ほとんどの拠点が指定工場(民間車検工場) 
○費用が高い。(部品交換時期の判定が厳しいと思われます)
○リコール作業の対応が早い。
○他メーカーの車ではノウハウが少ない。

町の車屋さんでの車検: 定期点検と検査がセットされています。指定工場又は認証工場(分解整備の認可は持っているが、車検の完成検査の認可をもっていない。したがって、近くの指定工場あるいは、国の検査場で検査を受ける必要があります。)
○車検費用にはばらつきがある。
○リコール作業には時間を要す
○基本的にどこのメーカーでも対応(限界がある)

車検専門店での車検: 定期点検と検査がセットになっている。すべて指定工場
○費用が安い。短時間でできる(交換部品がない場合)
○故障やリコール対応ができない(修理のノウハウがない)
○どこのメーカーでも対応(限界がある)


利用者が運輸支局に車を持ち込んで車検を受ける(ユーザー車検): ユーザー(車の持ち主)が運輸支局の検査場に持ち込み受検することをユーザー車検といいます。予約を行えばユーザー車検を受けることができます。車に不良個所がなければ合格できます。整備業者の車検に比べ費用は安価にできます。しかし安さの代償として、整備水準の面ではある程度妥協していることを自覚しなければならない。

代行車検での車検: 代行車検では、検査場に車を持っていき検査を受ける部分だけを請け負ってくれます。
代行車検業者は、基本的には点検整備は一切行えません。法定点検は必ず分解整備を伴うため、認証工場ではない代行車検業者が、法で規定された点検項目(56項目)を実施することは違法行為となります。
ただし最近では、車検代行業者が認証工場(又は指定工場)であり、点検整備も格安で請け負ってくれるところも増えてきました。費用の面では整備業者とユーザー車検の間と思われる。

車検を受けるなら土居モータース

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!