東広島市 ダイハツ エッセ 車検整備 土居モータース

画像
ダイハツ エッセ 車検整備

  • HOME
  • 車検
  • ダイハツ エッセ 車検整備

title

車検整備

車検の依頼を受け入庫していただきました。リフトアップして各部を点検します。まず、目に付いたのが、タイヤのひび割れ。4本ともに目立つひび割れが・・製造が2012年  およそ5年経過タイヤ溝も少ないので、ご提案します。ブレーキの錆が多いように思いますが、特に心配は要りません。オイル漏れや、著しい傷みを確認します。気になったのが、何かにぶつかった跡が・・・4WDなのでデファレンシャルが装着してあります。経験上、軽自動車のデファレンシャルオイルは、軽自動車に使われているオイルの中で1番過酷な状況であります。内容量が乗用車やトラックと比べて少なすぎ。お客様に車検内容をお伝えしご了解を得て作業します。早速でデファレンシャルオイルを交換します。少し濁った状態!デファレンシャルオイルは、疎かにしてはなりません! 超精密に加工された刃面に莫大な加重がかかります。用量1L程度しかない上に結構高温になるんです。続いてエンジンオイルの交換エンジンオイルはかなり汚れていました。下回りの最後 デファレンシャルオイルを充填して、作業完了

 車検の依頼を受け入庫していただきました。

リフトアップして各部を点検します。











まず、目に付いたのが、タイヤのひび割れ。












4本ともに目立つひび割れが・・














製造が2012年  およそ5年経過
タイヤ溝も少ないので、ご提案します。











ブレーキの錆が多いように思いますが、特に心配は要りません。













オイル漏れや、著しい傷みを確認します。












気になったのが、何かにぶつかった跡が・・・












4WDなのでデファレンシャルが装着してあります。
経験上、軽自動車のデファレンシャルオイルは、軽自動車に使われているオイルの中で1番過酷な状況であります。
内容量が乗用車やトラックと比べて少なすぎ。


お客様に車検内容をお伝えしご了解を得て作業します。




早速でデファレンシャルオイルを交換します。













少し濁った状態!

デファレンシャルオイルは、疎かにしてはなりません! 超精密に加工された刃面に莫大な加重がかかります。
用量1L程度しかない上に結構高温になるんです。








続いてエンジンオイルの交換












エンジンオイルはかなり汚れていました。












下回りの最後 デファレンシャルオイルを充填して、作業完了











東広島市で車検整備は土居モータースにお任せください。

リフトで車体を下げ、ブレーキの確認!ブレーキパットの残量4mm程度。十分使えます。ブレーキパットを保持する部分に赤錆この部分に錆が出るとブレーキパットの動きが制限されてしまいます。ブレーキパットの背面はこんな感じ!写真はピストン側こちらは外側!先ほどのブレーキパットの錆が出ている部分に水や熱に強いグリスを塗布します。キャリパーピストンも押し込みます。ブレーキって、よく動くように整備すると、10万キロどころか20万キロでもオーバーホールしなくても大丈夫。いつも思うけれど、車検は点検(見るだけ)で終わらせると、次回の車検費用が意味無く高くなる!こちらは後ろ側のブレーキ!ドラムブレーキです。外側からドラムがかぶせてあるので、粉塵が堆積しています。右側のブレーキ左側のブレーキエアブローして粉塵を取り除きます。両サイドの弧を描いている部品がブレーキシュー(ブレーキパットのようなもの)それぞれの部品が固定されている1番後ろの黒い部品がバックプレート!バックプレートとブレーキシューの接触部分にも錆が出ますので、ここには、ドライグリス(乾いた粉黛グリス)を塗布します。ブレーキシューを左右にゆすってグリスとなじませます。ドラムを取り付けて、作業終了。

 リフトで車体を下げ、ブレーキの確認!



ブレーキパットの残量4mm程度。
十分使えます。









ブレーキパットを保持する部分に赤錆



この部分に錆が出るとブレーキパットの動きが制限されてしまいます。








ブレーキパットの背面はこんな感じ!


写真はピストン側










こちらは外側!












先ほどのブレーキパットの錆が出ている部分に水や熱に強いグリスを塗布します。




キャリパーピストンも押し込みます。






ブレーキって、よく動くように整備すると、10万キロどころか20万キロでもオーバーホールしなくても大丈夫。








いつも思うけれど、車検は点検(見るだけ)で終わらせると、次回の車検費用が意味無く高くなる!













こちらは後ろ側のブレーキ!


ドラムブレーキです。
外側からドラムがかぶせてあるので、粉塵が堆積しています。

右側のブレーキ










左側のブレーキ














エアブローして粉塵を取り除きます。


両サイドの弧を描いている部品がブレーキシュー(ブレーキパットのようなもの)

それぞれの部品が固定されている1番後ろの黒い部品がバックプレート!


バックプレートとブレーキシューの接触部分にも錆が出ますので、ここには、ドライグリス(乾いた粉黛グリス)を塗布します。
ブレーキシューを左右にゆすってグリスとなじませます。



ドラムを取り付けて、作業終了。

















車検整備に自信があります。

今度は、タイヤ交換。専用の交換機で作業します。タイヤって案外やわらかいんです。中の空気圧によって、車体を支えているんです。タイヤもひび割れているなら、このゴムバルブも一緒に交換します。タイヤに潤滑剤を塗ってホイールに組みつけていきます。最後に空気を充填します。組み付け後に4.0Kの空気圧にします。手間ですが、組み付け後はホイールにタイヤをしっかりと嵌め込むには必要な作業です。バランスを見るとほんのわずかなずれ、グッドイヤーのタイヤって価格も安くて、基本性能はしっかりしています。いろんなメーカーのタイヤを交換しますが、このバランス調整の作業で日本製のタイヤが優れていることをいつも思います。最低限のおもりを付けて調整。おもりってあまり付けたいものでは無いですから。最後にエンジンルームで傷みが激しいスパークプラグ ギャップ(プラグ先端の隙間)の磨耗が激しいので交換します。疎かにするとイグニッションコイルにダメージが出てしまいます。交換するプラグはNGKのイリジウムMAX 10万キロ調子よく。最後に2人がかりでブレーキオイルを交換!使うオイルはDOT4沸点が高いことはもちろん防錆効果も非常に優秀です。ブレーキを錆びさせると費用がかかってしまいますから。

 今度は、タイヤ交換。

専用の交換機で作業します。











タイヤって案外やわらかいんです。
中の空気圧によって、車体を支えているんです。













タイヤもひび割れているなら、このゴムバルブも一緒に交換します。











タイヤに潤滑剤を塗ってホイールに組みつけていきます。













最後に空気を充填します。













組み付け後に4.0Kの空気圧にします。
手間ですが、組み付け後はホイールにタイヤをしっかりと嵌め込むには必要な作業です。









バランスを見るとほんのわずかなずれ、


グッドイヤーのタイヤって価格も安くて、基本性能はしっかりしています。

いろんなメーカーのタイヤを交換しますが、このバランス調整の作業で日本製のタイヤが優れていることをいつも思います。








最低限のおもりを付けて調整。

おもりってあまり付けたいものでは無いですから。









最後にエンジンルームで傷みが激しいスパークプラグ ギャップ(プラグ先端の隙間)の磨耗が激しいので交換します。

疎かにするとイグニッションコイル
にダメージが出てしまいます。










交換するプラグはNGKのイリジウムMAX 10万キロ調子よく。






最後に2人がかりでブレーキオイルを交換!


使うオイルはDOT4
沸点が高いことはもちろん防錆効果も非常に優秀です。
ブレーキを錆びさせると費用がかかってしまいますから。








車検の費用の目安は、
諸費用34070円、
基本料金15,000円、
エンジンオイル2,000円、
オイルエレメント1,000円、
デファレンシャルオイル2,700円、
プラグ工賃3,500円 部品5,400円、
タイヤ工賃6,000円 処分料1,200円 タイヤ14,400円、
ワイパーゴム1,900円、
ワコーズF1 1,600円、
最後に消耗工材1,000円(ブレーキ洗浄剤、グリース他)


車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!